「鏡石まちの駅」施設愛称の決定について|鏡石町公式ホームページ[福島県]

「鏡石まちの駅」施設愛称の決定について

「鏡石まちの駅」施設愛称の決定について

  鏡石町の観光情報(旬の情報、イベント情報等)の集約と発信、来訪者及び町民の交流拠点、観光を推進する活動の企画・運営などの機能、観光と連携した地域産業振興(6次産業化)の推進拠点として事業展開する「鏡石まちの駅」の愛称について以下のとおり決定しました。

募集内容

  「鏡石まちの駅」の施設愛称

受付期間 

 平成29年6月6日~7月21日まで

応募件数

  37点(町内14点、県内15点、県外8点)

決定愛称 

 「かんかんてらす」

提案者

 有安忠男(ありやす ただお)さん

 千葉県流山市在住  

提案理由

・震災前まで多くの地域の方々に親しまれていた「かんかん館」の「かんかん」。再度この施設を復興させるという意味で「照らす」。

  また、気軽に立ち寄れる場所のイメージも連想させる「てらす」。この2つ(かんかん+てらす)を合わせた造語です。語感もよく、わかりやすく、誰からも親しまれるネーミングをこころがけました。

 


お問い合わせ

鏡石町役場 産業課 振興グループ 住所:〒969-0492 鏡石町不時沼345番地
電話:(0248)62-2118/FAX:(0248)62-2144/sangyo@town.kagamiishi.lg.jp