このページの本文へ移動
担当課から探す

背景色

文字サイズ

ごあいさつ

  梅雨入りのニュースが聞かれる季節を迎えましたが、反面、大雨などの自然災害が心配される時期でもあり、危機管理に備えなければと気を引き締めています。

  さて、私事ではありますが、今月24日で町長に就任して2年が経ちます。

 就任直後は、新型コロナ感染症の禍中で、計画した多くの事業をどう実施したらいいのか、不安の中での町政運営でしたが、町民の皆様をはじめ、関係各位のご理解とご協力により、何とか務めることができました。改めて厚く御礼申し上げます

  特に、昨年10月には町民待望の「健康福祉センター"ほがらかん"」が開館、多くの皆様に利用いただいているほか、鏡石駅東第1土地区画整理事業地内の造成工事も順調に進み、住宅と商業施設の建設により、ニュータウンとしての顔が見え始めたのはうれしい限りです。 

 また、国が進める「阿武隈川緊急治水プロジェクト」としての成田地区遊水地整備事業は、用地の契約と補償交渉が進められており、集団移転の場所も2ヵ所に絞られるなど、徐々にではありますが、計画が具体化してきています。

 まちづくりにインパクトのある大規模事業が重なっていますので、将来をしっかりと見据え、これまでの事業評価を行いながら、町民の目線に立ち、「事業の見える化」と「情報発信力の向上」に心がけ、信頼される町政運営に努めていきたいと思います。

 6月は、各種団体も総会を終え、具体的な事業が動き出す大事な時期となりますので、多くの皆様の参加と協力により、3年目となる第6次総合計画の将来像「未来につなぐ ずっと安心 みんな元気に"進"かがみいし」の実現に向けて全力で取り組んでまいります。

              令和6年6月 鏡石町長 木賊 正男